法人向け無線LANの機能と特徴

無線LANは今やなくてはならないもので、家庭用から法人用まで幅広い分野で使われています。現代においては一昔前の有線LANよりも無線LANによってインターネットに接続している端末がそのほとんどといえます。一方で無線LANのメリットは有線の配線を最小限にすることができるということであり、またWiFiなど規格にあったものであればすぐに接続することができます。このため多く端末を使用する場合には無線LANの方がメリットはあります。無線LANとしては家庭向けのものと法人向けのものがありますが、違いとしては法人向けのものは同時接続できる台数の数が圧倒的に優れており、また同時接続を安定的に行えるように工夫がなされています。また同時に多くの端末を接続するため、接続状況を管理するといった能力も付与されています。

無線LANとはなにか?その利便性

無線LANは無線通信の技術を使って、LANを無線で行うことができるというもので、ワイヤレスLANとも呼ばれます。無線LANのメリットとしては、配線をする必要がなくLANを使用することができるというもので、近年発売されているスマートフォンやタブレットのほか、パソコンの多くも無線LANの規格のひとつであるWiFiを利用できるようになっており簡単に接続することができます。一方で、デメリットとしては無線の安定性や通信速度が有線式に比べて劣るということですが、技術の進歩でそれらは一昔前に比べると格段に改善されています。このため少数の端末から大量の端末までネットワークに接続する場合においては有線LANを使うよりも無線LANの方が利便性は高くなっています。

法人向けと家庭向けの違いについて

無線LANを使用する場合には、親機と子機という形で接続されます。子機はスマートフォンやタブレット、パソコンなどで、親機はルーターやハブという役目を持った装置になります。無線LANは無制限に接続できるわけではなく同時に接続できる台数は決まっています。家庭用の無線LANでは5台程度が一般的です。しかし、法人向けとなると5台程度の数では足りません。このため法人向け無線LANでは100台以上の同時接続が可能なものが使われています。また同時接続で安定的に接続できるようにさまざまな工夫がされていますし、無線LANの使用状況を確認する管理ソフトウェアなどが付属しているものもあります。また室内に設置するだけでなく屋外にも設置することが出来るものも法人用として使われています。