法人向け無線LAN導入の前に準備しておきたいこと

現代の企業等の法人はパソコンなしで業務を行うのはほぼ不可能となっています。また個人のパソコンで独立した業務管理も現実的であるとは言えず、何らかの形でネットワークを組んで仕事をするのが一般的です。その様な目的で最も多く使用されているのはLANと呼ばれる仕組みで構築されたネットワークです。個人でも非常に簡単に構築できる仕組みが魅力であり、企業でも多く採用されています。しかし近年ではこのネットワークを無線で構築できる無線LANを採用する法人も増えてきています。この無線LANはケーブルを必要とせず、電波で通信を行う仕組みで作られているため、有線LANで問題となることの多かった煩雑な配線が必要ないというのが大きな魅力となっています。そのため多くの法人が注目している新しいネットワークの形です。

無線LANのメリットとデメリット

無線LANは有線のLANに比べていくつかの点でメリットがあります。それは配線が必要ないという仕組みで成り立つために、配線で煩雑な環境にならないという点です。またケーブル施設が必要ないため、場合によっては有線ネットワークの構築よりも安いコストで対応できる場合もあるのです。しかしデメリットも存在しています。有線の場合には物理的な接続が必要になりますので管理しやすいのですが、無線LANの場合にはパスワードを知っていれば容易にネットワークには入れてしまうというリスクが存在しているのです。そのためパスワードを始めとするセキュリティ管理体制については有線ネットワークよりもさらに厳格に行う姿勢が求められます。この様なリスクもありますのでしっかりと理解して利用する姿勢が重要です。

無線LAN導入前に決めておくべきこと

無線LANは非常に便利な仕組みであり、それを導入する法人にも恩恵をもたらすものです。しかしながら、しっかりと管理をすることがとても重要です。そのためパスワード管理を含むセキュリティーに対する知識を身に付けることは絶対に必要です。その上で管理体制をしっかりと構築しておくことが事前に行うべき重要な準備となります。また内部で無線LAN環境を構築するのであれば様々なトラブルを想定して対策を検討しておくことも重要です。外部の業者にネットワーク構築を依頼するのであれば電話状況などを必要以上に心配することはありませんが、そうでない場合にはどのような問題が発生しうるかについてあらかじめ知識を持っておくべきです。多くの場合、有線ネットワークよりも難しい対応が求められることになるためです。